顎ニキビが治らない

馬油の効果とは

馬油の効果とは

馬油とは、その名の通り馬の腹部やたてがみから抽出して作られる脂です。昔から漢方薬として、やけどや怪我の時に活躍してきました。しかし最近では、高い保湿効果が認められ顎ニキビにも効果があると、様々な場面での利用が注目されています。

 

馬油のもつ高い保湿効果の秘密は脂肪酸の組織にあります。というのも、馬油の脂肪酸の組織と人間の脂肪酸の組成の割合はそっくりなのです。さらに脂肪酸の組成比率だけではなく、油分、水分の割合までほぼ同じなので、ほかの脂に比べても肌に大変馴染むというわけです。

 

さらに馬油には肌を守る働きのある細胞膜を作る「不飽和脂肪酸」が豊富に含まれています。そしてその不飽和脂肪酸に最も多く含まれているオレイン酸には、肌の潤いを保つ効果があるとされています。馬油にはこの不飽和脂肪酸が約60%も含まれているのです。肌の乾燥は顎ニキビが出来る大きな要因なので、その乾燥を防いでくれるのは大変効果的と言えるでしょう。

 

馬油はこれらの効果のほかにも、顎ニキビの炎症を抑える抗炎症効果や、ニキビ菌であるアクネ菌にも効く殺菌作用なども持ち合わせています。近年注目されることもおおくなった馬油なので様々な商品も発売されています。うまく活用すると顎ニキビも改善するかもしれません。